加茂という街 2

写真の光景は5月

 

工事も1ヶ月が経過しました

 

この辺に差し掛かってくると家もだいぶ家らしくなってきました

f:id:Ryooooohei:20200728234922j:plain

f:id:Ryooooohei:20200728234901j:plain

f:id:Ryooooohei:20200728234843j:plain

f:id:Ryooooohei:20200728234807j:plain

f:id:Ryooooohei:20200728234748j:plain

f:id:Ryooooohei:20200728234724j:plain

階段、カウンター、キッチン部分、小上がり…

 

我が家の「顔」たちです

 

段々とワクワクしてきますね

 

我が家のテーマは至ってシンプル

 

「白」と「木のぬくもり」

 

乞うご期待です

 

と、言っても完成してるので分かる人は分かってます笑

                                          

 

さて、前回に続き加茂市について触れていきます

 

今回は「歴史ある文化」

 

加茂には由緒のある神社・寺院が多くあります

歴史ある建物に自然豊かな景観から加茂市は「北越の小京都」とも呼ばれています

 

中でも市内神社の青海神社と長瀬神社の歴史は古く、その名は平安時代以前からあるとか…

 

加茂ではその二神社に由来するお祭りが春と秋に2回ずつで計4回

 

その他にも「雪椿まつり」「越後加茂川夏祭り」「AKARIBA」と

 

加茂には多くの祭りがあります

 

そのおかげで加茂の人間は祭りが大好きです笑

 

祭りが多くある地域は元気だと言われますよね

 

地域にある文化を大事にしてきた証拠だと思います

 

これも加茂という街のいいところですね

 

また次回に続きます

加茂という街 1

大工さんによる木工事は日を追う毎にスピード感を増していきます

 

私も2、3日に一度のペースで現場を訪れていましたが

 

数日間で景色がどんどん変わっていきました

f:id:Ryooooohei:20200719233347j:plain

f:id:Ryooooohei:20200719233412j:plain

f:id:Ryooooohei:20200719233432j:plain

f:id:Ryooooohei:20200719233452j:plain

f:id:Ryooooohei:20200719233627j:plain

大工さんって本当にすごいな〜と思います

 

小学生みたいな感想かもしれませんが

 

だって、なんでも作れちゃうんですもんね笑

 

しかも超正確に

 

現場にお邪魔する度にひたすら感心ばかりしていました

 

__________________________________________

ここで唐突ですがブログタイトルにもあるように加茂市について触れます

 

加茂市新潟県の中央部に位置しています

 

市の三方を山に囲まれ、町の中心を加茂川が流れる自然豊かな街です

f:id:Ryooooohei:20200722000249j:plain

加茂市の人口は今年6月時点で25,450人

 

ちなみに新潟県の市の中で1番人口が少ない市です

 

新潟県全般がそうですが、地域の少子高齢化問題は切っても切り離せません

 

しかし、今回はそこには触れず

 

せっかくですから加茂の良い所を挙げていきたいと思います

 

まずはやっぱり「自然が豊か」

 

街の中心市街地のすぐ側に、市民の憩いの地でもある加茂山・加茂川があります

 

子供の頃から山や川に慣れ親しみ、もはや庭と言っても過言ではありません

 

それは大人になった今でも変わらず、ランニングや散歩などのコースとしてよく使います

 

そして、駅からのアクセスも良い

 

これもなかなかありそうでなさそうなところなんですよね

 

街の文化や生活の至るところに山や川の自然が密接になっています

 

そこが加茂の良いところ

 

続きはまた次回へ

断熱・耐震・気密

早い頃のブログにも書いた内容ですが、なぜ私たち夫婦は家を建てようと思ったのか

「日常生活を安心、安全、快適に過ごせる家に住みたいから」

 

私たち夫婦が1番大切にしたい部分になります

 

その生活にコアな部分が今回のブログタイトルでもある「断熱・耐震・気密」

 

特にこれが新築であればそこまで意識はしなかったと思います

 

しかし、私たちが建てる家は築25年の中古住宅リノベーション

 

これから20年、30年住むと思うと総築年は40、50年になります

 

長く住むからこそ、家作りに欠かせない最重要ポイントです

 

まずは断熱

f:id:Ryooooohei:20200717004411j:plain

f:id:Ryooooohei:20200717004700j:plain

f:id:Ryooooohei:20200717010106j:plain

外の外壁は隣家の距離との関係上、そこまで手はかけず逆に家の中での断熱施工を

 

床、天井にももちろん入っています

 

水回り関係を1階から2階へ移したことも…確か影響があったような(うろ覚え)

f:id:Ryooooohei:20200712235651j:plain

f:id:Ryooooohei:20200712235513j:plain

前回のブログにもアップした写真

 

耐震は耐力壁と筋で補強

f:id:Ryooooohei:20200717005535j:plain

f:id:Ryooooohei:20200717234000j:plain

そして気密は窓から

 

全てFIX窓を採用しています

 

ここの地域が準防火地域というのも色々と影響がありましたが笑

 

窓数がそんなに多くないというのもあるかもしれません

断熱性、気密性に関してはエスネルデザイン村松さんブログの中でも触れられています

escnel.com
内容はバレますが非常に良い結果になりました

 

またこれから季節が移り変わり、気温の変化をどう感じられるかも楽しみになります

木工事

解体されたかと思えば、どんどん新しいものが取り付けられていきます。

 

1階2階にも新しい床が入りました。

f:id:Ryooooohei:20200712235713j:plain

f:id:Ryooooohei:20200712235626j:plain

ちなみに説明しますと、旧住宅は1階にキッチン、風呂、トイレがあり

 

2階部分が居室・居間、寝室となっていたようです。

 

新居では水回り、キッチン、リビングダイニングを2階へ、

 

寝室、居室を1階への移動となります。

 

1階の車庫・土間スペースは残す為、そのままでは水回り・キッチンスペースが少なくなるのです。

 

また、家の両隣もびっちり隣家があり採光がなかなか取りづらく、

 

家で1番よく光が入るのが2階なのでそちらに家族の集うダイニングスペースを。

 

エスネルデザイン村松さんのご提案に私たちの生活も段々イメージが膨れ上がっていきます。

f:id:Ryooooohei:20200712235737j:plain

内容を忘れましたが(笑)現場でも色々とご説明を。

f:id:Ryooooohei:20200712235651j:plain

f:id:Ryooooohei:20200712235513j:plain

リノベーションなので耐震性を上げる為の筋・金物もガッチリ補強。

 

木工事、まだまだ続きます。

解体

書き忘れましたが着工から完成までは3ヶ月

 

3月末に始まったので6月末に引き渡しとなります

 

着工当初、新型コロナの影響で部材や設備の納品目処が立たず

 

1ヶ月くらい完成が遅れるんじゃないかと予想されました

 

既に完成しているので明かしますが(笑)結果遅れる事は全くなく、無事出来上がりました

 

施工会社さんのおかげですね

 

前にも書きましたが解体はすざまじいスピードで行われました

f:id:Ryooooohei:20200707010033j:plain

人ひとりしか入り込めないような家の両脇に足場が組まれ

f:id:Ryooooohei:20200707005706j:plain

f:id:Ryooooohei:20200707005726j:plain

f:id:Ryooooohei:20200707005750j:plain

屋根、外壁、骨組みだけを残してあっという間にバラされました

 

写真で見てお分かりのように骨組みの木材はとても状態が良かったです

 

これがいいか悪いかでだいぶ違いますよね

 

本当に前に住まわれていた方には感謝です

 

ここからまたスピード感を増して工事は進んでいきます

着工

打ち合わせも回数を重ねて、いよいよ家の形が見えてきました

 

そして春、3/23に着工しました

 

と、いってもリノベーションなので地鎮祭や儀式めいた何かを行ったわけでもなく…笑

 

粛々と解体工事が始まりました

 

f:id:Ryooooohei:20200704211220j:plain

粉塵やホコリが舞うので家全体をシートで覆う

 

凄まじい勢いの解体でした

 

とても中に入り込んで写真を撮れる状態でもなく💦

 

基礎と外壁と柱と屋根を残しての解体

 

何度が現場に伺ううちに解体業者さんから聞いた話ですが

 

解体するのが勿体ないくらい良い状態だそうで

 

前の持ち主の方がとてもキレイに、そして大切に使っていた事が伺えました

ありがたい事です

 

私たちもその精神を引き継いでいきたいと思います

我が家の未来予想図

物件も購入して、さあ着工だ!!

と、すぐにはいきませんよね笑

 

 設計士の村松さん、そして施工会社の地元・加茂市の堀内組様と打ち合わせを重ねます。

 

堀内組↓

horiuchigumi.com

そんなに大きくない家だし、ある程度の間取りも決まっているから打ち合わせもサクッと…

 

と、こちらもいかないんです!笑

f:id:Ryooooohei:20200702003531j:plain

初回の打ち合わせ時から一貫しています。

 

丁寧に、そしてじっくりと進めていきます。

 

私たちがああしようか、こうしようかと悩んでも村松さんはブレません。

 

この日は三条のカフェで打ち合わせ。

f:id:Ryooooohei:20200702003759j:plain

お店のチョイスもニクいです。

 

本当にうまく私たちの要望を引き出してくれます。

 

感謝。

 

冬の打ち合わせを重ねて、春にはさあ、いよいよスタートです!